帰化申請・日本国籍取得の情報館

 

 

nagare

帰化申請の準備でのお困りごと

日本国籍を取得したい場合、居住地を管轄する法務局(東京23区の場合、東京法務局)で帰化申請の手続きを行う必要があります。申請すれば、自動的に許可になるわけではなく、膨大な書類を用意し、審査官からみて分かりやすく整理して、提出する必要があります。帰化申請するためには、以下のような資料をしっかり揃えた後、申請しなければなりません。

  • 卒業した学校、官庁、市町村役場、大使館、本国等から取り寄せ
  • 親族情報、経歴、収入、資産、帰化理由と許可該当性に関する規定書類を作成
  • 上記の根拠書類・証拠の収集

これら全ての書類の枚数は、少ない方(一人っ子の中国籍・会社員の方など)でも、A4用紙で100枚程度、多い方で段ボール1箱分以上(兄弟姉妹が多い特別永住者、複数の会社を経営する方など)になります。そのため、時間や労力の面でお困りの方も、多くいらっしゃることと思います。

帰化申請に必要な書類や証明資料の判断が難しい

muzukashii帰化申請に必要な書類は、ご本人やご家族の状況(ご本人及び両親の国籍、在留資格、出生地、最終学歴、結婚離婚歴の有無、仕事内容、転職回数、運転免許の有無などなど)によって大きく異なります。どんな書類が必要なのかを調べ、それらを準備し、必要な説明書を作成し、法務局に行って申請することは、たくさんと時間と労力がかかります。

実費を含む定額制ですので、安心してお任せいただけます。

hamasan帰化申請をする場合、市役所、税務署、警察署、法務局、法務省等から多種多様の公的書類を収集する必要がございます。特に会社役員の方や自営業の方は実費だけでも数万円~10万円を超えることもございます。また、審査中に年度が変わり追加で書類を求められることがあります。当事務所では料金を明確にするため、こうした追加対応も含めた総額をご案内しております。

 

帰化申請のこと、相談してみませんか?

帰化申請のお悩み、一度相談してみませんか。初回相談は無料です。
step3

東京ワールド行政書士事務所をご利用いただくメリット

1.帰化・ビザ専門事務所

帰化・ビザの専門事務所です。これまで約10年間、主に中国籍、韓国籍の方の帰化申請をサポートさせていただきました。会社員の方、主婦の方、学生の方、自営業の方、医師の方、教員の方、会計士の方、いろいろな職業の方をサポートさせていただきました。

2.作成すべき書類については、全て当方で作成して納品します。

帰化申請書類は、書き方に独特のルールがあり、慣れないと何度も修正することになります。当方では、申請書類一式、動機書、自宅地図等、作成すべき書類については、全て作成して納品します。

3.面接や筆記試験のアドバイスが可能

当事務所では、帰化に必要な書類の収集や作成だけでなく、面接や筆記試験のアドバイスも可能です。年間100件以上の実績がありますので、過去の面接で聞かれた質問、筆記試験の内容などをお伝えできます。また、最新の審査傾向を踏まえたアドバイスも可能です。

セミナー講師等

当事務所の代表者は、外国人雇用や入管業務などに関し、企業、各種団体等でセミナー講師をさせていただいております。また、大学や専門学校などにおいて、外国人留学生向けの就職活動セミナーの講師も行っております。講師依頼に関するお問い合わせも歓迎いたします。

ご依頼・ご相談対応地域

東京都足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区
昭島市・あきる野市・稲木市・青梅市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市
千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る