帰化と永住者ビザの違い

帰化と永住者ビザには幾つかの違いがあります。

国籍についての違い

帰化の場合、国籍が変わります。つまり日本人になります。しかし、永住者ビザを取得しても国籍は変わりません。

日本在住要件についての違い

帰化の場合、日本に継続して5年以上在住していること、そのうち3年以上就労ビザで滞在していることが条件です。永住ビザの場合、原則として、日本に継続して10年以上在住していること、そのうち5年以上就労ビザで滞在していることが条件です。なお、日本人と結婚している場合などは条件が緩和されます。

日本語能力要件についての違い

帰化の場合、小学校3年生程度の漢字の読み書きができることが条件となります。永住者ビザのの場合、現在のところ、日本語能力は求められておりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る