母国の書類(家族関係証明書など)が取得できない場合、帰化できますか?

韓国籍の方が帰化する場合、本人、父、母について、出生から現在までの除籍謄本全てを求められることが多いです。こうした書類については、通常、日本にある韓国領事館から取得することになるのですが、分家や届出不備などにより、戸籍情報が繋がらなかったり、取得できない戸籍があったり、いろいろなケースが発生します。

当事務所では、専門の韓国人スタッフが戸籍を収集しますので、どのようなケースにも対応しております。本人が韓国の本籍地を覚えていないため、取得できないケースについては、他の書類(日本の役所から取得できる書類)から情報をたどり、取得できることが多いです。また、朝鮮籍から韓国籍に国籍変更された方については、本籍地登録の有無を調べることで、除籍謄本も発行されることが多いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る