帰化専門の法律事務所や行政書士事務所によって料金が異なるのはなぜですか?

日本国内、特に都市部には、複数の帰化専門法律事務所(弁護士事務所)や行政書士事務所が存在します。同じ帰化専門事務所であっても、料金には大きな幅があります。

特別永住者の方が帰化する場合の平均価格は、会社員の方で15~20万円前後、自営業・役員の方で20~25万円程度といわれております。平均よりも廉価な事務所もありますし、その逆もあります。

帰化申請は、ビザ申請と異なり、手続きの全てを弁護士や行政書士に任せることができません。(勿論ビザ申請についても、内容確認や署名捺印というご本人の作業は発生しますが、帰化申請と比べてご本人の負担はかなり軽減されます)。帰化申請においては、法律上、そして物理的に、ご本人しか行えない書類取得や作業がございます。この「ご本人に行っていただく作業がどの程度のものなのか」については、事務所によって大きく異なります。「専門事務所に依頼したのはよいけれど、自分でやるべき作業が多すぎてびっくりした」という事態にならないよう、当事務所では、お客様に行っていただくことを事前にリスト化し、それにかかる時間、労力等もお伝えしております。

ご自身で行っていただく作業のリストについては、下記ページにも詳しく記載しております。

ご自身で手続きする場合との違い

また、実費についても、事務所によって、料金に含まれている場合と、別途請求の場合がございます。この実費というのは結構かかります。平均すると、会社員の方で1~2万円、経営者・自営業者の方で2~3万円です。さらに、役所に行くための交通費や郵送請求時の往復切手代などがかかります。複数の会社を経営されている場合、さらにかかります。

当事務所では、料金を明確にするため、これらの実費も全て含んだ金額を最初からご案内しております。よほどのことがない限り、追加料金をいただくことはございませんので、ご安心ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る