帰化申請したら、中国・台湾の国籍はなくなるのですか?

帰化が許可され、日本国籍を取得すると、中国や台湾の国籍は消滅します。

ここで注意いただきたいことは、中国や台湾の国籍が消滅するのは、帰化が許可された後です。つまり、まだ日本国籍を取得していないのに、もとの国籍が消滅するわけではありません。

ただし、管轄法務局によっては、帰化申請する時点で、本国(中国や台湾)の大使館等から、「日本国籍を取得したら、中国籍(台湾籍)から離脱することを認めるという文書(国籍証書)」を提出するように求められることがあります。

現在、在東京中国大使館では、特に問題なく発行されるようです。台北駐日経済文化代表処(台湾大使館に相当する役所)では、台湾において税金の滞納がないこと、兵役の義務等について調査され、「日本国籍を取得したら、台湾籍から離脱することを認めるという文書」が発行されないことがありますので、帰化申請を行う前に確認しておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る