弁護士や行政書士が法務局に同行したほうがよいですか?

帰化申請の手続きは、管轄の法務局で行います。法務局によって、第三者の同席を認めているところと認めていないところがあります。また、同席はOKだが、第三者のみで事前相談することは不可としている法務局もあります。

弁護士や行政書士が法務局に同行するか否か、その判断は非常に重要です。つまり、同行したほうがよいケースと同行しないほうがよいケースが存在します。同行しないほうがよいケースなのに、弁護士や行政書士が同行したことにより、手続きが非常に煩雑になり、余計な作業が発生してしまう可能性もありますし、その逆もしかりです。

確かに、専門家が同席すると、帰化するご本人にとっては、安心感はあると思います。しかし、審査する法務局側としては、国籍が変わる重要な手続きであるのに、専門家が同席して横からあれこれ発信したり、代わりに回答したりすることに対して、快く思わないケースも多いです。また、本人が申請すれば不要とされる書類であっても、専門家が同席したことにより、「プロが付いているんだったらこれも取得してください」と言われるケースもあります。書類の中には、その書類がどんな書類なのか、どこでどのように取得すればよいか等を説明するだけでも大変な書類があるからです。

当事務所では、その方の状況によって、同行したほうがよいか否かを判断し、その時に最適なご提案をしております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る