帰化するために日本語能力はどれくらい必要ですか?

特別永住者の場合、日本語力の試験はありませんが、特別永住者以外の方については、日本語の筆記試験や読解試験があることがあります。帰化するためには、日本語の読み・書き・話す能力が必要です。ただ、それほど高いレベルは要求されていません。目安として、小学校3年生程度の日本語能力があればよいとされています。ですから、小学校3年生の漢字ドリル、もしくは国語ドリルで練習しておくとよいでしょう。

また、日本語に関する試験に合格しているのあれば、その試験の合格証も提出するとよいです。日本語能力試験の合格証を紛失してしまった場合、再発行も可能です。当事務所で再発行手続きを代行することも可能です(有料)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

帰化・日本国籍取得のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る