親族が帰化に反対しているのですが、帰化できますか?

親族の反対については、管轄する法務局によって対応が大きく異なります。ほとんど審査に影響しない法務局もありますし、親族の反対があると分かった時点で帰化の受付をやんわりと断わる法務局もあります。

実際には、他の条件が問題なく、反対している親族の扶養を受けておらず、猛烈な反対でなければ、最終的には許可されることがほとんどなのですが、法務局によっては、帰化申請自体を受け付けてくれません(審査を行ってくれない)ので、この点は注意が必要です。

親族の反対がある場合、まず、誰がどの程度反対しているのか、正確に確認していただき、そのうえで、専門家に相談されることをお勧めします。

当事務所では、この点に関する相談については、来所相談にて対応しております。状況を詳しくお聞きしないと、正確な回答が難しいためです。初回は無料ですので、電話またはメールにてご予約ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る