日本人と結婚してから帰化申請したほうが許可されやすいですか?

日本人と結婚される予定がある場合、結婚が先か、帰化が先かで悩む方も多いです。確かに、日本人と結婚していた方が、帰化申請には有利です。ただし、婚姻の手続きは少し複雑になります。婚姻時にはまだ外国人であるため、母国の領事館等から出生証明書や独身証明書などを取り寄せ、日本と母国で婚姻手続きを行う必要があります。

一方、帰化が先であれば、婚姻手続きは簡単です。日本人どうしの結婚になりますから、市町村役場で届けを出せば済みます。しかし、帰化されるまで時間がかかるという難点があります。

なお、日本人と結婚していないという理由だけで、帰化が不許可になるということはありません。帰化を先に行う場合、日本人と婚約していることを証明する書類(写真など)を用意し、提出するとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る