交通事故や交通違反が多いですが、帰化できますか?

帰化申請の審査では、過去5年以内の交通事故や道路交通法違反の履歴をチェックされます。人身事故の場合、事故の記録もつきますが、車と車の事故などで示談した場合は記録には残りません。道路交通法違反に関しては、駐車禁止違反や右折禁止違反などの軽微な違反であれば、問題にならないケースが多いです。

しかし、酒気帯び運転や複数の速度違反がある場合、厳しく審査されます。特に最近はかなり厳しいです。これらの違反は、重大な事故につながる可能性があるため、危険性の高いドライバーだと判断されるからです。

こうした違反がある方については、累積点数、免許停止歴の有無、過去1年間に違反をしているかどうかなど、これ以外に多数のチェック項目があり、それらを総合して審査されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る