株式投資、不動産投資、FX等で生計を立てている場合、帰化できますか?

帰化申請が許可されるためには、安定した収入があることが非常に重要です。これは、会社員でも自営業でも同じです。

株式投資や不動産投資、外貨投資、FXなどで、生計を立てている方の場合、年間の収入(利益)が安定しており、きちんと納税されていれば、十分に帰化できる可能性があります。また、アフィリエイトやドロップシッピング、グーグルアドセンス等も同様です。

ただ、申請時の経済状況や為替状況等によっては、高リスクな事業であると判断されることがあります。また、法務局によっては、追加の説明書や関連法令を全て遵守していることの証拠などを求められるケースがあります。

当事務所でも、過去に何度かこうした投資をされている方の帰化申請をサポートさせていただきましたが、想定されうる追加書類は最初から提出するようにしております。そうすることで、余裕をもって面接に臨んでいただくことができ、よい結果につながっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る